メニュー

超音波検査について

超音波検査とは?

腹部超音波

腹部超音波

超音波は、人間の耳には聞こえない高い周波数の音波で、一定方向に強く放射され直進性が高いという性質があります。これを利用して腹部に超音波を発信し、そこからか返ってくるエコー(反射波)を受診し、コンピュータ処理で画像化して診断するのが腹部超音波検査(腹部エコー)です。一般的には魚の漁で使う魚群探知機が知られていますが、これを応用した検査法です。

当院では地域的な特色として、C型肝炎の患者様が多く、その経過観察をするために開業医としてはかなり早期より臨床的に有効活用してきました。その結果、数多くの肝臓癌の患者様を診断し、提携先の病院へ紹介することが出来ました。又、それ以外でも胆のう癌、膵臓癌、腎臓癌、胃癌等を診断し、地域医療に貢献してきました。

超音波検査で何が分かるのか?

この検査で調べられる臓器は主に、肝臓胆のうすい臓腎臓などがあります。

他にも、腹部大動脈瘤や胸水、脾嚢胞性腫瘍、リンパ節肥大などがわかります。

異常な場合に疑われる病気

  • 肝臓 ・・・  慢性肝炎、肝硬変、肝臓癌、肝血管腫、脂肪肝、肝嚢胞など
  • 胆のう・・・  急性胆のう炎、慢性胆のう炎、胆のう胆管結石、胆のうポリープ、胆のう癌など
  • すい臓・・・  慢性膵炎、膵嚢胞、膵臓癌、膵石、など
  • 腎臓 ・・・  水腎症、腎結石、腎臓癌など
  • その他・・・  腹部大動脈瘤、腹水、胸水、リンパ節肥大などがわかります

腹部超音波検査前に注意すること

・検査は原則として予約制です。
(注)診察の後予約をとりますが、症状によっては当日検査を実施する場合があります。
(注)予約の方は朝食を摂らずに指定された時間に来院してください。
(注)予約のない場合には予約の患者様が優先となりますので、しばらくお待ちいただくことがあります。
・前日の21時00分以降~当日は絶食です。
・水・白湯は当日も飲んで構いません。

検査費用について

検査費用は健康保険を使用した3割負担の場合、約1600円です。
患者様に応じて初診料、再診料、投薬料等別途かかりますので、ご了承下さい。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME